August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アトピーに塩素で悪化は嘘?塩素とキエルキンについて

 

 

塩素ってよく聞くと思いますが、私たち体内で生成している物質から日常生活でたくさんのところで使用されています。

 

一番身近なところでは水道水やプール消毒で使用されていたり、漂白剤でも使用されていたりよく聞きますよね。

 

塩素の元素記号はCLで塩素ガスはCL2と表記します。塩素単体では、黄緑色で臭気のある気体で存在し、塩素ガスは有害で濃度が高いと呼吸困難を引き起こす可能性があります。

 

漂白剤に「混ぜるな危険」塩素ガス発生など記載してありますね。このように聞くと塩素=危険のイメージがあるのではないでしょうか。

 

■塩素はたくさんの形を持っており体内で重要な役割を担っている


 

 

一方で、塩素はイオンの形や違う化合物とくっつくことで様々な物質になります。

 

例えば、食事に使う調味料でお塩があります。化学名称では、塩化ナトリウムと呼びナトリウムと塩素が1対1で結びついたものです。結びついたものではありますが、お塩の半分は塩素なのです。

 

私たちは毎日食事を通して塩素(主に塩化物イオン)をミネラルとして体に取り込んでおり、個人差がありますが150gほど保持しています。

 

補足:お塩を過剰摂取すると体に良くないと言われますが、塩素ではなくナトリウムがそのような健康被害をもたらす原因となっており、塩素イオンは過剰に摂取したとしても自然と排出されて特に害はありません。

 

 

■塩素は体内で重要な役割を果たしている


塩素は塩素でも様々な形で存在しており体内では下記のような働きがあります。

 

1 胃液の原料や膵液の分泌を促進させること
2 体液の浸透圧維持に使用されていること
3 白血球の中で、殺菌・消毒の作用のために使用されること

 

基本的に1、2は塩化物イオンとして存在し、3は塩化物イオンと酵素が反応して最終的に次亜塩素酸に変化して使用されます。

 

漂白剤は白血球で作られる次亜塩素酸とは似ていますが、次亜塩素酸ナトリウムといい全くの違う物質です。次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性でかなり濃い濃度で使用しています。

キエルキンは次亜塩素酸で弱酸性にすることで漂白剤よりも同じ濃度であれば除菌力が高く、皮膚刺激性が全くありません。

 

白血球の中で次亜塩素酸が残留してしまったら人体に影響が出ますが、作用後は無害な状態(塩化物イオン1、2のような状態)に戻ります。このようにして、菌やウイルスから私たちの体を守ってくれているのですね。

 

 

■アトピーに塩素は悪影響でない?

アトピーキエルキン

 

【アトピー 塩素】とインターネットで検索すると、アトピーの人に対して塩素を含む水道水を使うと悪化するなどと見かけますが、研究論文から引用してきたわけではないので信憑性にかけます。

 

実際の論文として健康被害の可能性が示唆されていることは、浄水場で消毒する過程で、次亜塩素酸ナトリウムとメタンが反応してしまい、発ガン性物質であるトリハロメタンの生成する可能性があることです。

 

(※キエルキンを弱酸性にしているのはこのあたりの配慮でもあります)

 

一方で、小児科のお医者さんの中では、逆に次亜塩素酸を使ってアトピーの治療として使われているケースもあります。

 

科学論文では、「アトピーの患者に希釈次亜塩素酸浴をさせた場合に症状が緩和した」と報告されており、さらに追加の検証を経た後、「アトピー症状が重い患者さんに対してオプションとしての使用はあり」と結論をだされています。

 

引用:https://pediatric-allergy.com/2016/04/12/post-81/

 

 

だからといって、「使えば絶対治るとか緩和する」など誰にも断定できません。必ず、医師の判断に従ってください。

 

■まとめ

 

そもそも、塩素を使うとアトピーが悪化するという前提があるならば、治療目的の実験なんて話にならないし、この試験を行った方たちは悪化するはずですよね。

 

そんな悪化の可能性があることを自ら引き受ける被験者の方はいないですよね。

 

なんらかの意図があって本来の意図と違ったものになることが多々このネット社会にはあると思います。

 

しっかりとしたエビデンスを元に情報提供できるように努めて参ります。

 

・塩素は消毒として使われている

・塩素は体内ではイオンや次亜塩素酸として活用されている

・次亜塩素酸はアトピーの治療として使用されるケースがある

 

以上、アトピーに塩素で悪化は嘘?塩素とキエルキンについてご紹介しました!

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

 

スポンサーサイト

pagetop