August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

キエルキンと置き型二酸化塩素の違いについて空間除菌できるのは?

世の中にたくさん除菌剤ってあると思いますよね。アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど一長一短あって、どれを選べばいいか迷うと思います。

 

アルコール除菌剤は水に濡れた手につけると効果が薄くなったり、小さい子供は香りづけしている匂いに誘発されて誤飲する事故がたくさん起こっています。

 

そこで、今回は除菌剤で使用されている置き型の二酸化塩素についてみていきましょう。

 

■消費者庁より景品表示法措置命令発表

 

2014327日に消費者庁が、二酸化塩素を利用した空間除菌を標ぼうするグッズ販売業者17社に対する景品表示法に基づく措置命令を出しました。

 

参考:消費者庁の置き型二酸化塩素の商品に対する措置命令の記事はこちら!

 

二酸化塩素は、日本では小麦粉漂白剤としての使用を認められていたり、アメリカでも除菌剤として使用されています。

 

二酸化塩素が問題視されてきた発端として、置き型の二酸化塩素による商品の安全性や効果について消費者センターに「刺激臭で咳き込むが体に悪くないか心配」、「除菌剤が薬局等の店頭で「インフルエンザ対策」と記載しているか調査してほしいと相談があり試験が行われたことでした。

 

その結果として、二酸化塩素を有効成分と謳っていてもまったく発生していない商品ややにおいが原因とみられる体調不良者の発生、製造や販売している業者での有効性・安全性確認がなされていない製品が多くみられる実態でした。

 

参考:独立行政法人国民消費センターが発表した記事はこちら!

 

二酸化塩素(CIO2)ガスは次亜塩素酸ナトリウム(ミルトン、ハイター等)の約2.5 倍の酸化作用を有し、芽胞を含むすべての微生物に有効である。しかし、診療所内などの環境消毒に二酸化塩素ガスを使用することは毒性及び効果などの点において勧められない。その理由は本ガスが眼や呼吸器系の粘膜を刺激して、咳嗽や喘息などの原因となる危険性があるからである。

 

引用:日本医事新報方No.4385(2008年5月)

 

■二酸化塩素の安全性と殺菌力について

 

人と動物どちらも発がん性試験のデータがあまりないこと、遺伝毒性試験では、陽性、陰性どちらの結果もあること、マウスの皮膚に過形成反応を誘発したことなど安全性に対して疑問が残ります。

 

さらに、暴露試験では、5ppmの二酸化塩素の濃度で刺激性があり、漂白剤タンク内のガス19ppmの濃度で、1人の作業者(暴露時間は明記されていない)の死を引き起こすのに十分な濃度であったとアメリカで報告されています。

 

参考:TOXNET(米国国立図書館NLMが運営する中毒情報総合サイト)

 

二酸化塩素は菌やウイルスにまとっている電子を奪う酸化剤の作用で(ラジカル反応)分解する除菌の仕組みです。これは、キエルキン(次亜塩素酸)と同様の除菌・消臭の作用と同じです。

 

しかし、先ほどの引用で、二酸化塩素は、次亜塩素酸ナトリウムの2.5倍酸化作用があるとありますが、厚生労働省によると、次亜塩素酸ナトリウムより次亜塩素酸の場合は80倍殺菌作用があると言われています。

 

 

二酸化塩素の特徴として空間中のウイルス、菌、有機物に触れるとどんどん力を失っていきます。それはキエルキンも同じです。

 

この置き型二酸化塩素の原理は、ゲルに含ませておけば置くだけの消臭剤と同じように発生させて、除菌効果を持続させようという考え方だと推測しますが、消臭剤のにおい成分とラジカル物質は全く別物です。

 

ラジカル反応というのは一瞬で起きてしまい、反応するとその成分がなくなります。ゲルに入っている容量も少ないし、ましてや部屋全体に広がるとは考え難いです。

 

 

 

■キエルキンは空間除菌できる理由は?

 

同じような作用を利用するキエルキンはなんで空間を除菌できるのか。それは、超音波式の加湿器を利用して小さな水滴して、次亜塩素酸を遠くに飛ばす方法をとっているからです。

 

それは、もちろん加湿器を使っている間どんどん部屋全体に広がります。

 

どのくらい除菌できているかといえば、環境により多少変わってきますが、研究発表した数値でみると、人が出入りしているHCU(高度治療室) で、1時間当たり40%程度の菌を減菌することができました。

 

HCU(high care unit)集中治療室と一般の入院室の間に位置する治療室です。

2013年に福岡県の医師会おんが病院との共同実験

 

この共同研究は、おんが病院の末廣剛敏副院長によって第26回日本外科感染症学会にて発表されました。

 

さらに、翌年2014年3月には、噴霧したキエルキンと空気を、一定容量の筒内を約10秒通過させる事で、菌がおよそ90%減菌させることを共同研究にて分かりました。

 

感染症専門の医者が言うには、医療業界では、そもそも空間自体の菌を減らすことはできないということが当たり前でした。従って、置き型のである状態で空間の除菌をできることは難しいことは分かっていました。

 

だからこそ、キエルキンの共同研究の結果について学会発表で驚きを持って知って頂きました。

 

以上、キエルキンと置き型二酸化塩素の違いについてご紹介しました。

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

スポンサーサイト

pagetop