December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

キエルキンが守る!新型インフルエンザの脅威とパンデミック

JUGEMテーマ:除菌・消臭剤『キエルキン』

 

人が今まで経験したことのない型のインフルエンザウイルスは免疫を持たないために感染が拡大してしまいます。

 

過去の事例では、スペイン風邪(1918年死者数4000万人)、アジア風邪(1957年200万人)香港風邪(1968年100万人)新型インフルエンザ(2009年2万人)など大規模のパンデミックが起こっています。

 

新型インフルエンザは10年から40年の周期で起こっており、今後も私たちはこれらに対応しなければなりません。

 

※当時インフルエンザウイルスの事が認知される前に、医師によって風邪と翻訳されたそうです。

 

キエルキンは、新型になろうが進化しようが触れてしまえば除菌できる仕組

 

みです。体内に侵入する前に環境中でやっつけてしまえば、感染症の蔓延を防ぐ予防法の一つになります。

 

 

 

■感染症でよく使われる強毒性と強毒型の違い

 

 

強毒性、弱毒性などと使いますが、人に対する致死性の強さを示します。

 

強毒性は、病原性が高く、死に至る確率が高いことを言います。その対義語である弱毒性とは死に至る確率が低いことを指します。

 

強毒性と間違えやすい言葉が、強毒型で、一般的に一緒と思っている人が多いですが実は、全く違う意味です。

 

弱毒型とは感染症を発症し時に、特定の部位のみに症状がでますが、強毒型の場合、脳や臓器など全身の部位に感染してしまう型の事をいいます。

 

例えば、インフルエンザの弱毒型は呼吸器のみの感染に収まりますが、強毒型の場合は、肝臓や脳といった臓器にも感染してしまいます。

 

 

 

■強毒型の新型インフルエンザの出現経路ははどこから?

 

 

新型インフルエンザウイルス2通りの方法で自分の形を変化(進化)します。

 

1つ目は、「遺伝子再集合」と言い、一頭の豚に異なる2つの種類のウイルスが感染すると、それらがもつ遺伝子の分裂や結合などにより配列が変わって新型のウイルスが誕生します。

 

この図で言いう真ん中の方法ですね。

 

新型インフルエンザ キエルキン

 

2つ目は、「遺伝子変異」と言い、鳥インフルエンザウイルスが人間に感染し母体で少しづづ変異をしていき結果として人間に感染する新型が生まれます。

 

図では一番下の方法です。

 

 

 

■日本のインフルエンザの現状

 

何年かに一度大流行するインフルエンザでしたが、近年大流行が当たり前になってきましたね。日本の毎年のインフルエンザの感染者数は、約1000万人おり、1995年以降のインフルエンザによる死亡者数は161人(2010年)〜2262(2015年)でした

 

先ほどの数字はインフルエンザが直接的な死因となって亡くなった数字です。他方、インフルエンザが起因とはなっているが、違う病気を併発、合併症となり亡くなった統計もとっています。その年間死亡者数は日本で約1万人と推定されています。

 

※世界では約25万人〜50万人と言われています。

 

参考:国立感染症研究所感染症情報センター

 

 

 

■厚生労働省が試算した強毒型インフルエンザの被害試算

 

 

先ほどの統計は、弱毒型のインフルエンザの数字ですが、強毒型の新型インフルエンザ発生した場合の流行規模も推測ではありますが、過去の事例をもとに厚生労働省によって算出されています。

 

アメリカの米国疾病管理センターが作った推測モデルを用いて、日本に適用したときの統計です。

 

日本の人口(約1億2000万人)の25%(3000万人)が新型インフルエンザに感染します。そのケースでの、医療機関にかかる患者数は、約中間値約1,700万人と推定しています。

 

●強毒型中度の場合:入院患者数は約53万人、死亡者数は約17万人となります。

 

●強毒型重度の場合:入院患者数は約200万人、死亡者数は約64万人となります。

 

この試算は、新型インフルエンザワクチンや抗インフルエンザウイルス薬などの使用の影響(効果)や日本の衛生状況について差し引いて考える必要があります。 

 

参考:過去に世界で起こったインフルエンザパンデミックのデータ:アジアインフルエンザ等を中等度(致死率0.53%)、スペインインフルエンザを重度(致死率2%)です。

 

強毒型が起きた場合、日本の医療機関がパンク状態になります。ただでさえ、現状、病院従事者の不足、新型のワクチンの開発の難しさ、薬の耐性をもったウイルスなど直面している問題は多いです。

 

 

引用元厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/03-00.html

 

引用元厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

 

 

■インフルエンザウイルスにはキエルキンは?

 

そもそも、どのようにインフルエンザが蔓延を考えると分かりやすいです。

 

ウイルスだって自分が生き残るために進化してきました。病原ウイルスは、人間の細胞に寄生して増殖し、発症します。鳥や豚などの家畜内でも感染症が広がる可能性がその他の動物より多いです。

 

その理由は、家畜は狭い場所で何匹も育てていて、単純に接触する可能性が高いからです。

 

人間は、社会生活をしていて、人に誰とも会わないで生きていくことは物理的に不可能です。

 

だからこそ、健康な人の行動よりも、感染者、感染の疑いがある人の行動が一番重要です。

 

できるだけ、外出を控えて家族に感染しないように家ではキエルキンで全体的に予防を徹底してください。

 

どうしても外出しなければいけない場合は、マスクをして、なるべく人を避けて行動してください。

 

健康な人は不特定多数の場所には感染者の疑いの人もいるためシーズンにはなるべく避けて下さい。電車など満員電車を避けれるように時間をずらすなど工夫が必要です。

 

もちろん、「手洗い、うがい、キエルキン」を基本にしてみんなで予防していけば新型インフルエンザでも感染確率は下げることができると思います。

 

100%予防は不可能ですが、いろいろ組み合わせて強毒型になったとしても一人一人が、予防していける環境を作っていければと思います。

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

 

スポンサーサイト

pagetop