August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

飛行機などの閉鎖的な空間では風邪のリスクが高かまるのか

飛行機で感染症を防ぐには

 

 

日常的に利用するバスや電車などの公共交通機関。生活に欠かせないインフラですが、人が密集する空間というのはインフルエンザや風邪にかかるリスクが高くなります。

 

必要不可欠のため使用しない選択はできません。そのため、どのようなリスクがあるか知ることで自らを守る対策ができるのではないでしょうか。

 

具体的に、飛行機内でどれくらい感染するリスクが高まるのか研究されているので内容についてご紹介したいと思います。

 

公共交通機関では一番後ろに座ることが感染症のリスクが低い


風邪に感染している人がせきをすると1〜2m、くしゃみは2〜4mほどウイルスが飛びます。ウイルスは空中で45分ほど残存し、その後数時間で死ぬと言われています。インフルエンザは、飛沫感染だけでなく空気感染もします。

 

その間に口や鼻から侵入することで飛沫感染してしまいます。飛行機内の風邪リスクは日常生活の113倍との報告があります。

 

せきやくしゃみは前方に飛ぶので、理論上、ウイルスが飛んでくる確率が少ないのは、いちばん後ろの席です。


引用:飛行機の風邪リスクは日常生活の113倍、席は後方を取れ

 

風邪をもらわないためにも新幹線、バス、飛行機などなるべく後ろの席を座ることが対策の一つとなります。
 

飛行機での風邪感染リスクを検証


アメリカのエモリー大学とジョージア工科大学の研究チームは、飛行機の乗客に呼吸器感染症患者がいた場合、周りの乗客に飛沫感染するリスクがどの程度あるのかについて検討しました。

 

研究チームは、アメリカの国内線のフライトに10回乗り、エコノミークラスの乗客の行動や移動を記録しました。 10回のフライト中に、機内の空気や座席に備え付けられたトレイテーブル、トイレのドアノブなどの表面からサンプルを採取し、遺伝子検査を実施しました。

 

その結果、このうち8回のフライトはインフルエンザのシーズン中であったにもかかわらず、インフルエンザウイルス、ライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、SARS(重症急性呼吸器症候群)といった呼吸器感染症の原因となる18種類のウイルスの全てが検出しませんでした。

 

次に、フライト中の機内での感染症の伝播をシミュレーションしました。

 

その結果、呼吸器感染症の患者の座席の前後1列および左右2座席以内に座っている乗客では、患者から感染する確率が80%に及ぶことが分かりました

 

ただし、今回の研究では、嘔吐など飛沫感染以外の感染ルートは考慮していません。 一方、それ以上離れた座席の乗客が感染する確率は3%未満であることが明らかになりました。

 

また、乗務員が感染している場合は、1回の飛行につき乗客平均4.6人を感染させる恐れがあると警告しています。

つまり、せきやくしゃみをしている感染患者から3列以上離れて座っていれば、呼吸器感染症の原因となるウイルス飛沫感染リスクは大幅に少なくなります。

 

同様に、航空機のエアフィルターに95%程度の効果があることは分かっていましたが、今回あらためてそれについても再確認することができました。

 

参考:Behaviors, movements, and transmission of droplet-mediated respiratory diseases during transcontinental airline flights
 

飛行機内でできる対策は?


公共交通機関での乗り物では、なるべく後ろの席に座るようにすること、マスクを着用すること、こまめに水分を補給すること、ガムやあめを食べるなど粘膜が乾燥しないようにすることが挙げられます。

 

手が洗えない中では、持ち運びができる除菌スプレーなども使うといいでしょう。

 

健常者の感染予防もそうですが、自らが体調が悪く、咳やくしゃみが出そうな時には、下を向いて肘で口を隠すなど咳エチケットやマスクを着用するなど周りの人の迷惑にならないように努めましょう。

 

以上、飛行機などの閉鎖的な空間では風邪のリスクが高かまるのかについてご紹介しました。

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンの口コミを見たい方はこちらからどうぞ!

 

楽天でのキエルキンの口コミを見たい方はこちらから!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

スポンサーサイト

pagetop