March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

人の口は細菌がいっぱい!キエルキンでうがいはできるの?

JUGEMテーマ:除菌・消臭剤『キエルキン』

キエルキンうがい

アメリカでは医療費が高額なため比較的予防の意識が高いですが、日本は何か問題があってから病院にいくことが多いですね。

 

予防や早期治療ができれば、医療費も削減が可能かもしれません。

 

口のケアは口臭、歯周病、その他感染症につながります。毎日できる簡単なことから対策をすべきですね!

 

 

 

■日本人の多くが罹患している歯周病

 

日本人の成人で約7080%が歯肉炎や歯周炎など、何らかの歯周病にかかっているとされています。しかし、このデータは、診査した歯のすべてが全く問題ないと判定された場合のみを指します。

 

少しでもプラークや歯石がついていたりすると予備軍に入れられこの7080%に入れられてしまいます。なので、事実ではありますが、少し誇張しているデータかもしれません。

 

厚生労働省が発表している「患者調査」の結果によると、「歯肉炎及び歯周疾患」の全ての患者の数(定期的な治療を行なっていると推測される患者数)は、約331万人(男性137万人、女性194万人)で、前回の調査よりも約65万人以上増加しました。

 

参考:厚生労働省「平成26年(2014)患者調査の概況」

 

歯周病は、口の中だけであればまだ良いのですが、長く放置し慢性化することによって、病原性の細菌が血液中に入って、心臓や肺などの臓器に届いて病気を起こす危険性があります。

歯や口は、体全体とつながっていることをしっかりと認識することが大切です。

キエルキン歯磨き

 

便より口の中にいる細菌数の方が多いという事実

 

朝起きるとお口の中が気持ち悪いですよね。夜歯磨きしても、歯磨き不足が原因だけでなく、口呼吸の癖、ストレスなど唾液の分泌が少なくなることで、口の中の細菌は繁殖しやすくなります。唾液は、分泌することで細菌が洗い流され、細菌の働きを抑える効果があります。

 

また、唾液に含まれるリゾチームという酵素も、細菌の細胞壁を破壊して、過剰に増えないようにコントロールしています。

 

従って、寝る前と朝には、しっかりお口の中をケアすべきです。成人の便1gあたり、300500億個もの細菌が入っていると言われますが、プラーク(歯垢1g中の細菌数はなんと約1000億個程度の細菌がいるのです。

 

たばこ喫煙者は歯周病にかかりやすい

 

喫煙は、ニコチンやタールのせいで口臭を悪化させるだけではありません。ニコチンは唾液分泌を抑制して口腔内の常在菌のバランスに影響を与えます。

 

また、ヘビースモーカーの人の歯にたばこのヤニが付き、虫歯や歯周炎を起こしやすくなるそうです。

 

日本臨床歯周病学会によると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなるそうです。

 

参考:日本臨床歯周病学会「歯周病と煙草の関係」

キエルキンでうがいはしてもいいの?

 

よくある質問の中の一つですが、「キエルキンでどのようにうがいをすればいいか」と聞かれます。キエルキンは医薬品ではないためうがいをするために使用することは薬機法で禁止されています。ただし、医薬品として「次亜塩素酸水溶液」を申請した商品では、うがいとして使用でき、歯医者でも使用されています。

 

2040ppm200ppm5倍希釈くらい)で10秒すると細菌数が減ります。もちろん常在菌も除菌してしまいますが、(元に戻るため)特に問題ありません。キエルキンも同じ成分ではありますが、うがいには推奨はしていません。

(あくまで自己責任の範疇となるため)

 

歯ブラシもすぐに細菌の温床になりかねないので積極的にキエルキンを活用いただければと思います。

 

参考:キエルキンの使い方「歯ブラシにもキエルキンを!」

 

お口の中を綺麗に保つことは体を健康に保つことにつながるのですね!以上、人の口は細菌がいっぱい!キエルキンでうがいはできるの?についてご紹介しました!

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

スポンサーサイト

pagetop