May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アルコール除菌剤とキエルキン(次亜塩素酸水溶液)と比較しました!

 

アルコールとキエルキン

あまたの除菌剤がある中で代表的なものに、アルコールを成分とした除菌剤があります。今回は、キエルキンとそのアルコールの違い(比較)についてご紹介したいと思います。キエルキンは、大手コンビニチェーンで導入が2017年より始まりました。

 

その経緯もアルコールとは違ったメリットがあるからこそ決め手となりました。そのお話も含めてこちらでご紹介します。

 

 

 

アルコール除菌剤とキエルキンの違いまとめ

 

アルコールとキエルキン(弱酸性次亜塩素酸水溶液)を様々な項目について表にまとめました!

 

 

アルコール製剤

キエルキン

安全性

高い

非常に高い

ノロウイルスへの効果

効果が低い

30秒で不活化※1

消費期限

なし

3ヶ月以内

芽胞菌への効果(食中毒の原因の一つ)

なし

30秒で不活化

手荒れの有無

あり※2

なし

食品添加物

認められている

条件付きで認められている※3

耐性菌が生まれる可能性

有り

なし

菌・ウイルスの効果

幅広く効果があり

菌・ウイルス全てに効果あり

菌・ウイルスへの作用時間

菌やウイルスによっては時間がかかる

即効性

除菌剤の弱点

濃度が6080%でないと効果が低下する

紫外線により濃度が低下する

食品にかかった場合

問題ない

問題ない

におい

アルコール臭(ほぼ無臭のものもあり)

若干のプールのにおい※4

使用感

速乾性

水と同程度

 

1アルコール除菌剤の中にはノロウイルスに効果があると言われているアルコール除菌剤があります。

 

ノロウイルスの代替ウイルスのネコカリシウイルスを用いて大手コンビニチェーンから委託された第3者機関(公益財団法人 日本食品油脂検査協会)にてキエルキンと弱酸性アルコール製剤の比較試験をおこないました。その結果、弱酸性アルコール製剤でウイルスの減少はしますが、全て不活化することはできませんでした。

しかし、キエルキンは30秒で検出なしという結果を得ました

 

アルコール手荒れ問題

2 アルコール製剤は使用を継続すると手指の油分を奪ってしまい手荒れの原因になります。

その手荒れした場所には黄色ブドウ球菌(食中毒の原因の一つの細菌)の温床になり食中毒が広がる可能性があります。

 

また、手荒れした手にアルコール製剤はひりひりとしますが、キエルキンはそのようなことはありません。(大手コンビニチェーンで働く女性スタッフさんからアルコールの手荒れ問題を提起されたことがきっかけで、キエルキン導入に至りました。手荒れ問題のクリアとその他の菌・ウイルスにも効果があり安全であることが最終的に本部導入の決め手となりました。)

 

3 キエルキンは、雑貨に該当し、医薬品や食品添加物ではありません。しかし、食品加工工場内にて製造、消費された場合は食品添加物として認められています。

 

4 キエルキンを使用した時に若干プールのにおいがしますが、作用した後はお水に戻りにおいも無臭になります。食品の食味や風味を損なうことはありません。

 

■キエルキンと次亜塩素酸ナトリウムの特徴の違い

 

キエルキンの成分は次亜塩素酸(HOCL)という成分で、ハイターなどの漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)と混同される場合がありますが、全く違う物質です。※混同される方が多いためその違いも簡単にまとめておきます。

 

次亜塩素酸ナトリウムの特徴について

 

・菌・ウイルスにの殺菌作用が広い(ノロウイルスの処理マニュアルにて厚生労働省より推奨されている)

・危険物質なので使用するときに注意する(アルカリ性で皮膚を溶かします)

・漂白作用がある

・強アルカリ性の力溶かして菌やウイルスを除菌・除去している

・芽胞菌にはほとんど効果がない

・発ガン性物質と言われるトリハロメタンの形成がある

次亜塩素酸とアルコール

次亜塩素酸(キエルキン)の特徴について

 

・弱酸性であるので皮膚に触れても問題ない

・作用後はお水に戻るため安全に使用できる

・ラジカル反応により菌やウイルスを除菌・除去している

・次亜塩素酸ナトリウムと同濃度であれば1080倍除菌能力が高い(pHによって変化します)

・トリハロメタンを生成しない

・次亜塩素酸は、厚生労働省で安全性、効果等試験されて認められている

・高い消臭作用

・スギ花粉分解効果

 

キエルキンの実績について

アルコールと次亜塩素酸

・医師会病院おんが病院と共同開発をして高い安全性・除菌力を認めていただきました。(空間除菌に関する研究を通し日本外科感染症学会や国際外科感染症学会などで発表しております。)

 

参考:キエルキンは医師会病院との共同研究を経て作られた次亜塩素酸の除菌・消臭剤!

 

・現在、全国にある800を超える幼稚園・保育園で延べ80,000人を超える子どもたちのためにキエルキンをご利用いただいております。

 

・全国版のテレビ「モーニングバード」にて集団感染ゼロの保育園の取り組みとして「キエルキン」を取り上げられました。

 

参考:キエルキンがテレビに取り上げられた時のメディアの裏側について

 

・大手コンビニチェーン店内備品として本部採用されています。

 

・複数のメディアから取材されテレビ放送(とびっきり静岡、まるごとワイド、今日感テレビ、ナイツのヒット商品会議室etc…

 

2014年に静岡県で1,271人の児童がノロウイルスに感染した集団食中毒事件がおきました。静岡県の給食協会では厚生労働省にて定められている大量調理施設衛生管理マニュアルを遵守していたにも関わらず、結果として事故が起こりました。

それに当たって導入されたのが、「キエルキン」と「手洗いチェッカー」です。

 

キエルキンは、アルコールの弱点を補う安全性と強力な除菌力が特徴です。一方で、揮発性など使い勝手もよく一般的に普及しているアルコールも用途に合わせて使用していただければと思います!

 

以上、アルコール除菌剤とキエルキン(次亜塩素酸水溶液)と比較についてご紹介しました!

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンの口コミを見たい方はこちらからどうぞ!

 

楽天でのキエルキンの口コミを見たい方はこちらから!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

アルコール殺菌が効かない耐性菌により病院内感染の原因に!キエルキンとの違いは?

アルコール除菌剤とキエルキン違い

AFPBB Newsによると、手洗い用洗剤や消毒液に含まれるアルコール性殺菌剤の耐性を持つ細菌がおり、病院内での感染症が広がる要因になっていると、オーストラリアの研究チームにより発表されました。

 

そこで、今回はアルコール殺菌剤に関する論文の内容の紹介とアルコール殺菌剤とキエルキンの殺菌の仕組みの違いについてご紹介します。

 

 

病院内での耐性菌はアルコール消毒が原因になっている?

 

研究チームは、この細菌が増えた原因を究明するため、19972015年にオーストラリア・メルボルンの病院2か所を調査し、分析しました。

 

その結果、腸内細菌の一種で、病院で使用されるカテーテルや人工呼吸器などを介して感染する可能性のあるエンテロコッカス・フェシウム(バンコマイシン耐性腸球菌の一つ)が増えていることが分かりました。

 

その要因として、2004年より前と2009年より後のエンテロコッカス・フェシウムの菌を比較すると2009年より後の方がアルコールに触れてから殺菌するまでの時間が長いことが判明しました。

 

参考: アルコール消毒が効かない?耐性菌の増殖に警鐘、豪論文

 

また、アメリカの医学雑誌のScience Translational Medicineによると1997年から2015年の間、139ヶ所の病院からエンテロコッカス・フェシウムのサンプルを採取して分析した結果、2010年より後の細菌ではアルコール殺菌に対して10倍以上耐性があることが分かりました。

 

参考:Increasing tolerance of hospital Enterococcus faecium to handwash alcohols

 

その他の病院内の感染症の原因となる細菌は?

 

エンテロコッカス・フェシウムだけでなく、病院内で問題になっている菌はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)やクリストリジウムデフィシル(CD)があります。

 

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌は薬で飲む抗生物質に耐性を持った黄色ブドウ球菌です。この細菌に対してアルコール殺菌剤は効果が高く病院内での感染症を防いでいます。

アルコール殺菌剤とキエルキン

一方で、病院でのアルコール殺菌が原因となり問題となる細菌がいます。アルコールでも効果がない細菌が残り、増殖して院内感染が広がるというリスクもあります。その細菌が、クリストリジウムデフィシルです。この細菌は、細菌の中でも最強と言われる芽胞菌の一つで熱や殺菌剤にも耐えうる細菌です。ボツリヌス菌や炭疽菌など生物兵器としても使われていたり、体に有益な納豆菌や食中毒の原因となるウェルシュ菌も芽胞菌の一つです。

 

参考:静岡県磐田市の食品工場で食中毒発生!芽胞菌にキエルキンは効果があるか?

 

論文の結論としてアルコール殺菌剤を使うなということでなく、それらに効果がある除菌剤が必要ということが示唆されました。

 

キエルキンは耐性菌を出さない!

 

アルコールの除菌機構とキエルキンの除菌機構は全く異なります。アルコールは細菌の細胞壁を溶かしたり、タンパク質を変性させたり、揮発するときに熱と水分を瞬間的に奪うなどで攻撃します。

 

アルコール殺菌剤は一般的にたくさん使われている反面、子供の誤飲の事故もあり、安全性に関して疑問も残ります。

 

参考:アルコール除菌剤の誤飲事故多発の理由とその予防策にはキエルキン!

 

一方、キエルキンは白血球が体内に侵入した菌やウイルスを除去する仕組みと同じです

 

実は、この方法は生き物のほとんどがこの仕組みを利用しており、今まで、耐性菌は現れていません。仮に、白血球の殺菌メカニズムに対する耐性菌が出現しているのであれば、生き物の大変な脅威になっているはずです。

 

参考:次亜塩素酸とは?消毒の効果と化学的な殺菌メカニズムについて

 

アルコールは揮発性があり汎用性も高い反面、誤飲の問題や耐性菌の問題が出ている以上これを使えば安全ということはないかもしれませんね。

 

キエルキンはお水に戻る残留性がないため非常に安全かつ、ウイルス細菌ともに耐性菌を残さず除菌・除去でき、消臭もできます。もちろん、芽胞菌や耐性菌に対しても30秒以内に除菌できるというエビデンスを取得しております。

 

キエルキンをご活用頂ければと思います。

 

以上、アルコール殺菌が効かない耐性菌により病院内感染の原因に!キエルキンとの違いについてご紹介しました。

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

【まとめ】オゾン水と次亜塩素酸水溶液を比較しました!安全性から除菌力まで

次亜塩素酸 オゾン安全

先日お客様からオゾン水と次亜塩素酸水溶液の違いについてご質問頂きました。オゾンに関して独立行政法人国民生活センターでも家庭用オゾン発生器に関して試験した結果も記載しておりました。

 

他の方も疑問に思われる方もいるかもしれないので、こちらの記事にてご紹介したいと思います。

 

 

オゾンと次亜塩素酸の殺菌メカニズムはほとんど同じ

 

オゾンも次亜塩素酸も殺菌メカニズムはラジカル反応というもので菌やウイルスに纏っている電子を奪う酸化剤として機能しています。

オゾンは、酸素ラジカルとヒドロシキラジカル(条件によって)を利用して、次亜塩素酸は塩素ラジカルとヒドロシキラジカルどちらも利用して攻撃しています。

 

どちらも耐性菌を生成しない殺菌メカニズムになっており、同じ濃度であれば、次亜塩素酸に比べオゾンの方が殺菌力は強いです。

 

酸化剤の強さを酸化還元電位(V)にて表しています。自身より酸化還元電位の低いものが周辺にあるとその力を失うため、空気に含まれる菌、有機物、二酸化炭素など酸化還元電位の低い物質が酸化する対象となります。

 

酸化還元電位(V

フッ素→2.87

オゾン→2.07

次亜塩素酸→1.63

塩素→1.36

酸素→0.82

参考:ヒドロシキラジカル→2.85

 

参考:次亜塩素酸の殺菌・分解メカニズムについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

 

次亜塩素酸水溶液とオゾン水の除菌力について

 

ppm〜1ppm以下のオゾン濃度のものが多いですが、オゾンは非常に不安定な物質ですぐに濃度を失ってしまいます。オゾン水の場合数分〜数十分で酸素に分解されてしまいます。また、温度が高いとより早く分解が促進されていきます。

 

酸化還元電位が高いオゾン水は次亜塩素酸水溶液に比べて殺菌力が強いですが、低濃度のオゾンだと特に、菌類最強である芽胞菌に対して殺菌速度が変わってきます。

 

オゾン水4~5ppm68分で検出なし

オゾン50ppm12時間で検出なし 

 

上記の通り芽胞菌に対してもオゾンやオゾン水は殺菌があり効果があると言えます。

 

注意:オゾン50ppm1時間で生命の危機の濃度です。

 

一方、次亜塩素酸はラジカル反応と電気的中性の特性により芽胞状態の菌の内部まで侵入し、57ppmでも3分以下で検出なし(厚生労働省のエビデンス)、200ppmでは30秒以内に検出なし(株式会社ラジカルラボのエビデンス)という結果です。

 

次亜塩素酸と比較したオゾン水のメリット・デメリット

 

メリット

 

・次亜塩素酸より低濃度で除菌・除去できる

・オゾンの気体で使用できる

(※但し、人のいる環境では使用不可)

・反応後、酸素と水に戻る

(※次亜塩素酸は塩化物イオンとお水になる。水道水に近い)

・お水のpHにより殺菌力が左右されない

 

デメリット

 

・スプレーボトルなどに移し変えて使用できない

(※短時間で失活するため保存ができません)

・低濃度でも毒性が強い

・水に溶けにくい物質のため空間に気化すること

・ほとんどの金属に腐食性を持つ

(※次亜塩素酸はステンレスには影響はないですが、鉄は水道水より若干錆びやすいです。)

・ゴム・プラスチック(ナイロン、フェノール樹脂など)を侵食する

・除害設備も含め設備が高くなる

・濃度管理にオゾン濃度計が必須なこと

オゾン水と次亜塩素酸水

オゾン水と比較した次亜塩素酸水溶液のメリット・デメリット

 

メリット

・安全性が非常に高いこと(誤飲しても問題ない)

・残留性がない(オゾン水と同様)

・次亜塩素酸水溶液は人のいる環境であっても使用することができること

(換気の必要がない)

・消費期限があるが製造から3ヶ月効果があること

・濃度によってはオゾンより除菌・除去能力が高くなる

 

デメリット

 

・オゾン水の方が安価

(オゾン測定器や除外設備を除く)

pHによって除菌力が変わる

 

※上記のメリットデメリットが重複しているところもあります。

オゾンの安全性について

オゾン水危険

オゾンは濃度によって人体への危険度が変わってきます。下記にオゾン協会が作ったオゾン濃度による人体への影響についてまとめてあります。

オゾンの濃度による安全性

また、日本では0.1ppm以上が人体に影響するラインと決められております。(空気中の安全基準濃度)

 

補足:アメリカ合衆国食料医薬品局(FDA0.05 ppmまでと決められています。

 

空間のオゾンの濃度が0.1ppm1ppmになると、喉、目、胸、上気道に刺激があり、咳、頭痛、疲労、視力の低下、呼吸障害などが出てきます。

(個人差がありますがそれ以下でも感じる人もいます。)

また、5~10ppmになると呼吸困難、肺うっ血、脈拍増加を引き起こし、50ppm以上になると死に至る可能性があるため、きちんとした取り扱いが必要になります。

 

オゾンは人がいる場所では使用はしてはいけません。もちろん、人がいるなかで空間噴霧も次亜塩素酸水溶液とは異なり行うことはできません。

 

 

消費者庁の管轄である国民生活センターのオゾン水の安全性を調査

 

国民生活センターに2004年〜2009年の約5年間に、オゾン発生器に関する相談が410件あり、その内、安全性に関するものが67件ありました。

その相談内容について下記に一部引用します。

【相談1

新築時の建材の臭いを脱臭しようと購入したが、オゾンは濃度が高くなると人体に毒性があり最悪は死亡すると聞いた。使用時のオゾン濃度が心配だが、具体的にどのくらい使用すると影響があるか分からない。(2009 年度 20 歳代男性 神奈川県)

【相談2

インターネット通販で空気清浄機を購入。オゾンを発生させて消臭する器具である。アレルギー体質で頭が痛くなったので取扱説明書を見たところ、喘息のある人は使用については医師に相談とあった。インターネット上には表示はなかった。販売業者に返品したいと伝えたが、拒否された。(2008 年度 20 歳代女性 大阪府)

【相談3

3ヵ月営業し移動する店で体にいいと言われオゾン発生器を購入したが、使うとのどが痛くなるし、孫も咳が出るので使わなくなった。業者に咳が出たことを伝えたところ、他の用途で使うよう言われた。使わず、置いておいても仕方ないので、返したい。(2008 年度 60 歳代女性 福岡県)

【相談4

オゾンを発生させ殺菌をする空気清浄機をインターネットで購入した。咳き込むので返品したい。(2007 年度 30 歳代男性 東京都)

【相談5

テレビの通販番組で、オゾンを発生させる空気清浄機がウィルスやホルムアルデヒドなども含め除菌・脱臭効果があると紹介していた。喘息の猫を飼っているので最適と思い購入した。1 週間使ったら傍の観葉植物の緑葉が茶変色して枯れた。人体にも悪影響があるのではと心配。(2007 年度 50 歳代女性 東京都)

 【相談6

知人からの紹介販売でオゾン発生器を購入したが、使用したら胃が痛くなった。体によいというが、信用出来る商品か。オゾンを直接吸い込まないでくださいということが気になる。臭いも悪い。(2006 年度 40 歳代女性 大分県)

引用:独立行政法人国民生活センター「家庭用オゾン発生器の安全性」について

 

そのような背景から異なるメーカーの家庭用オゾン発生器7種を対象に安全性、効果等試験を実施することになりました。

 

上記にも説明しましたが、高濃度のオゾンに晒されると人体に害あります。しかし、家庭で使うオゾン発生器から排出されるオゾンに関する法令や基準がないのが現状です。

 

従って、知らぬ間に、高濃度のオゾンが生じている場合には、人体への悪影響を与える可能性が高いと言えます。

オゾンの安全性

 

国民生活センターにおけるオゾン水の安全性について結論

 

家庭用のオゾン7種類の内5種類は、排出口付近では最大2.210.2ppmと非常に高濃度で、約168.7畳)相当の室内で30分間使用すると最大0.11.0ppmと、室内環境基準や労働環境における許容濃度の0.1ppmを超えて人体に悪影響を与え危険でした。

 

残りの2種類は室内のオゾン濃度はあまり上がりませんでしたが、機械の種類によってオゾン濃度が大きく変わることが分かりました。

 

また、室内にてオゾン水を使用する場合、オゾンのほとんどは溶けずにそのまま空気中に飛散するため、室内のオゾン濃度が高くなり危険であることが分かりました。

同様に、浴室内でオゾン水を使用すると、短時間でオゾン濃度が高くなり危険です。

 

国民生活センターの結論として、以下そのまま引用いたします。

 

使用方法によっては危険なオゾン濃度となるものがあり、また、オゾン発生量等の表示を見ても専門知識のない消費者が安全に使用することは難しいと考えられた。このような現状のもとでは、購入等は避けた方がよい。

 

 

参考:「オゾン発生器の安全性の試験結果」についてより詳しいテスト内容を知りたい方はこちらからどうぞ!

 

一概に、オゾン水や次亜塩素酸水といってもメーカーによって製法も違えば商品の質も異なってきます。

 

購入する人はまずその特性を知ってから使用されることをオススメいたします。

 

以上、オゾン水と次亜塩素酸水溶液を比較しました!【まとめ】安全性から除菌力についてご紹介しました。

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

食品添加物と謳っている次亜塩素酸の除菌剤とキエルキンを比較!厚生労働省に質問

 

某大手食品会社様で空間の落下菌に対する空間除菌の実験を行いました。落下菌に対して空間噴霧の十分な効果を実感して頂きました。

 

そこで、実験の時に比較された他の次亜塩素酸水溶液(商品B)とキエルキンが行われ、同じ次亜塩素酸を使った除菌剤ですが、違いあるかどうかご紹介致します。

 

※商品名は伏せて、商品Bと致します。

静岡県食品加工会社キエルキン空間噴霧実験

 

 

 

■キエルキンは生成機械を導入して工場内であれば食品添加物となる

 

キエルキンを工場内で生成して使用するのであれば、厚生労働省にも認められた次亜塩素酸水溶液として活用できます。

 

しかし、あらかじめ次亜塩素酸ナトリウムに酸を混和したものは食品添加物製剤ではないため、普段使用されているキエルキンは食品添加物とは謳っていません。

 

●キエルキンの化学反応式

 

aOCL+HCL→HOCL+NaCl

 

厚生労働省によると、生食用鮮魚介類、生食用かき及び冷凍食品の加工基準において次亜塩素酸水及び、次亜塩素酸ナトリウム並びに水素イオン濃度調整剤として用いれれる塩酸に加えpH調整剤として用いれられる二酸化炭素の使用を認めることとした。

 

引用:生食発06084号(平成2868日)食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について   厚生労働商医薬・生活衛生局生活衛生

 

 

商品Bは食品添加物製剤ではない?

 

次亜塩素酸ナトリウムのみを薄めたものであれば、食品添加物製剤で間違いありません。

 

しかし、商品Bは次亜塩素酸ナトリウムとpH調整剤のリン酸2水素カリウム(酸性)をあらかじめ混和した次亜塩素酸水溶液です。

 

故に、食品添加物製剤として酸をあらかじめ混和している場合食品添加物製剤ではありません。

 

また、厚生労働省によると、食品工場内で次亜塩素酸ナトリウムと混和する酸は塩酸またはクエン酸等とあり、そのほかの物質は保健所に確認して使用する必要があります。

 

※保健所のクリアがない限り食品工場内であっても食品添加物製剤になり得ません。

 

こちらの商品を調べていくと疑問に思うところも出てきました。

 

1 殺菌試験結果(大腸菌)の試験結果で従来の次亜塩素酸水200ppmで殺菌できていないが、厚生労働省のデータと異なっていました。(厚生労働省の試験結果40ppm57ppmどちらとも比較)

 

2 内容は次亜塩素酸水溶液であるにも関わらず、次亜塩素酸ナトリウムの食品添加物製剤と記載していました。

 

●商品Bの化学反応式

 

aOCLKHPO→HOCL+NaClKH+PO²

 

 

■商品Bキエルキンの違いについて

 

・上記の商品Bとキエルキンの化学反応式をみると反応後次亜塩素酸以外の物質はでないですが、商品Bでは乾燥した際に塩になって残留物ができてしまうこと

 

・商品Bは、1000ppmという高濃度の場合自分自身が反応してしまい濃度が急激に低下してしまいやすいこと

 

・生食用鮮魚介類、生食用カキ、冷凍食品の加工の場合には、次亜塩素酸ナトリウムにpH調整剤の塩酸と二酸化炭素以外は使用することはでないこと

 

 

食品会社様の結果として、どちらも同等に良い結果が先方から得られたと報告がありましたが、商品Bは食品添加物であるという理由でキエルキンの採用を見送られました。

 

実際には食品添加物ではないにも関わらずそのような決断をされたことは大変遺憾でしたが、私たちとしてはいい勉強させて頂きました。

 

次回以降は、その違いを明確に述べてキエルキンの良さをより伝えることができるように努めます。

 

参考資料下記一覧

 

ー^ ̄素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料

 

⊆^ ̄素酸水の成分規格改正に関する添加物部会報告書

 

次亜塩素酸ナトリウムに酸を混和して使用することについて

 

た品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について

 

厚生労働省医薬・生活衛生局による次亜塩素酸に関する質問の回答

 

次亜塩素酸に関する質問を直接厚生労働省に確認を取りました。質問の前提は上記の厚生労働省ホームページの参考資料についてです。

 

 

食安基発第00825001号(平成16825日)次亜塩素酸ナトリウムに酸を混和して使用することの内容の(厚生労働省医薬食品局、食品安全部基準審査)1.に次亜塩素酸ナトリウムに食品添加物である塩酸またはクエン酸等を販売、および混合して使用することは差支えない。

 

また、あらかじめ混和した水溶液では食品添加物にはならないと記載されています。また、生食発06084号(平成2868日)食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件についての(厚生労働商医薬・生活衛生局生活衛生)改正概要(1)に、次亜塩素酸水および次亜塩素酸ナトリウム並びに水素イオン濃度調整剤として用いられる塩酸に加え、pH調整剤として用いられる二酸化炭素の使用を認めるとしたとあります。(以下質問と回答)

 

 

Q1.平成28年に厚生労働省から発表されたものは前号の内要改正という認識ですか?

 

A1.内容の改正ではなく、別の内容となっており、平成16年の記述と平成28年どちらも有効です。平成28年では、使用用途に対して、より詳細に使用できる物質を限定しました。次亜塩素酸ナトリウムと混和する食品添加物の塩酸またはクエン酸は問題ないが、その他の物質の使用はおのおの保健所での確認が必要です。

 

Q2.平成28年の発表では、次亜塩素酸ナトリウムに加えるものは塩酸と二酸化炭素以外は食品添加物にはならないということか?

 

A2.生食用鮮魚介類、生食用カキ、冷凍食品の加工基準の場合は、記載の通りpH調整剤の塩酸と二酸化炭素以外は使用できません。その他のものでは食品添加物製剤にはならない。

 

Q3.平成16年に発表した次亜塩素酸ナトリウムにあらかじめ酸を混和したものの使用については食品添加物製剤でしょうか?

 

A3.あらかじめ酸を混和したものは食品添加物製剤ではありません。但し、使用前に混和する場合は食品添加物製剤となります。

 

 

■厚生労働省に質疑応答でのまとめ

 

・次亜塩素酸ナトリウムにあらかじめに酸を混和して生成しているキエルキンは食品添加物製剤ではないこと

 

・食品製造現場でキエルキンを作った場合には食品添加物製剤になること(殺菌料として使用出来て、最終食品の完成前に分解し,又は除去しなければならない)

 

・生食用鮮魚介類、生食用カキ、冷凍食品の加工の場合には、次亜塩素酸ナトリウムにpH調整剤の塩酸と二酸化炭素以外は使用不可なこと

 

以上、食品添加物と謳っている次亜塩素酸の除菌剤とキエルキンを比較!厚生労働省に質問についてご紹介しました。

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

【比較】キエルキンと次亜塩素酸ナトリウムを希釈した商品の違いを質問されました!

 

キエルキン 除菌スプレー

キエルキンを検討されている方から商品の違い成分の違いを聞かれ回答させて頂きました。

 

具体的な比較した商品名は伏せさせて頂きます(商品Aとさせてください)が、その内容についてご紹介できればと思います。

 

 

 

■お客様がキエルキンに至った過程について

 

HPの説明を読んでわからないことがありますのでご連絡させていただきました。

 

昨年末に家族が、飲食店で発生した食中毒によりノロウイルスに感染いたしました。

1か月間はウイルスを保持している可能性があるとのことで、保健所より、家の中の除菌に気を付けてくださいとアドバイスされました。

 

ノロウイルスはアルコールでは除去できないとのことで、市販の「クレベリン」を使って除菌していました。

 

ノロ以外にも冬は、インフルエンザなども気になるので、普段使いの除菌剤として「クレベリン」よりももっと臭いの気にならないものはないのかと探していたところ、

 

「安定型次亜塩素酸ナトリウム」が成分の、ほぼ無臭の「商品A」という商品を見つけ、普段使いで、気軽に除菌に使用しています。

 

最近、花粉にいいものはないかと、ネットで検索していたところ、

「キエルキン」を見つけました。

 

商品説明を拝見しましたところ、強力な除菌効果や花粉対策効果があるうえ、

大変使いやすそうですし、さらにお手頃価格なので、使ってみたいと思っているのですが、不明点が何点か出てきました。

 

「商品A」と同じような説明なので、同成分のものなのかと確認したら、

「キエルキン」の成分は、「弱酸性次亜塩素酸水溶液」とのことでした。そこで質問です。

 

■キエルキンにつて以下回答と具体的な質問の内容

 

「商品A」という商品を初めて知りました。こちらの商品を扱っている会社のホームページで調べたことを前提にキエルキンと比較して違いをお答えできればと存じます。

 

質問者様がお問い合わせの中で記載されている商品の主成分を記載致しました。

 

クレベリン→二酸化塩素(CLO2

キエルキン→次亜塩素酸(HOCL

商品A次亜塩素酸ナトリウム(NaOCL)

 

下記の記事で二酸化炭素について記載しております。参考にどうぞ!

 

キエルキンと置き型二酸化塩素の違いについて空間除菌できるのは?!

 

化学用語ばかりで分かりにくいですが、これらは塩素の力を利用して除菌すると思っていただいて構いません。塩素の力の順番で表すと次亜塩素酸>次亜塩素酸ナトリウム>二酸化塩素となります。

 

名前は似ていますが、これらは全て違う物質なので効果や除菌メカニズムも変わってきます。

 

「クレベリン」に関して、今は使用されていないようなのでご説明を省略して主に「キエルキン」と「商品A」の商品の違いを疑問点にそって補足を入れながらなるべく専門用語を使わないように(努めます)お答え致します。

 

■Q1.この「弱酸性次亜塩素酸水溶液」と「安定型次亜塩素酸ナトリウム」はほぼ同じような働きをするのでしょうか?

 

A1. まず、安定型次亜塩素酸ナトリウムとのことですが、化学の用語で「安定型」と用いられることはあまりありません。

 

しかし、次亜塩素酸ナトリウムに水酸化ナトリウムを添加してpHを強アルカリ性に調整した場合次亜塩素酸ナトリウムは安定するので、名称として「安定化」や「安定型」と読んでいると推測します。

次亜塩素酸ナトリウムは、一般家庭でよく使用されている「漂白剤のハイター」の成分です。

 

次亜塩素酸ナトリウムの主なメリット

 

・持続性が高いこと

・微生物に広く減菌、除去効果があること

・漂白、洗浄効果があること

・安価に使用できること

・取扱いを間違えなければ安全に使用できること

 

次亜塩素酸ナトリウムのデメリット

 

・金属に対しての腐食があること

・アルカリ性なので取扱いに注意が必要なこと

・発ガン性物質と疑われているトリハロメタンを生成する可能性があること

・酸と接触すると塩素ガスを発生させること

 

などが挙げられます。

 

一方、弱酸性次亜塩素酸の特徴として

 

・弱酸性であるので皮膚に触れても問題ない

・作用後はお水に戻るため安全に使用できる

・ラジカル反応により菌やウイルスを除菌・除去している

・次亜塩素酸ナトリウムと同濃度であれば80倍除菌能力が高い

・紫外線により分解されやすい

 

参考:厚生労働省次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料

 

さて、この前提を踏まえて質問の回答になります。ほぼ同じ働きをするかというと半分正解であり、半分不正解です。

 

次亜塩素酸水溶液は純粋に塩素の力のみを使用して除菌しており、弱酸性でその塩素の力が最大になります。

 

一方、次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性であり塩素の力を多少使っていますが、それ以上にアルカリ性のタンパク質を変性させる力を利用して除菌・分解しています。

 

 

塩素の力を利用して除菌するメカニズムは酸化作用(電子を奪う作用)と呼ばれます。化学用語なので分かりづらいのでイメージとしてお話すると、

 

次亜塩素酸は、細菌やウイルスを塩素の力で無理やり引きちぎって構造を分解します。次亜塩素酸ナトリウムはタンパク質を溶かして除菌すると思って頂ければと思います。

 

■0歳児の孫の世話をよくする機会があるのですが、乳幼児の身の回りのものを除菌するのに、より安心安全な成分となると、「キエルキン」の「弱酸性次亜塩素酸水溶液」が最適なのでしょうか?「キエルキン」は手や赤ちゃんのおしりの除菌もできるとのことですが、「商品A」は手肌への使用はできないようで、手肌にも使ええるほうがより便利なので、「キエルキン」の方が普段使いの除菌剤としてさらに適しているなら、「キエルキン」に切り替えたいと思っています。

 

A2. キエルキンは医師会病院との共同研究をして作られ、病院全体でも使用されており、人の肌と同じ弱酸性なので手荒れをすることはありません。

 

作用した後にはお水に戻るため人体にも害はありませんし、第3者機関にて安全性試験も実施済みです。

 

また、キエルキンは産婦人科様でも使用頂いており、生まれたての新生児室では専用噴霧器にて空間除菌や部屋に入る前にもキエルキンが各部屋に設置してあります。

 

※2017年11月に朝日テレビ様の報道番組でキエルキンを取り上げて頂いた際にも産婦人科様や幼保園様にもご出演頂きました。

キエルキン産婦人科

 

■Q3. それから、「商品A」は、薄めて市販の超音波加湿器で空間除菌をすることが可能なのですが、「キエルキン」は、専用の加湿器ではなく、市販の超音波加湿器で使うことはできないのでしょうか?

 

A3. 次亜塩素酸ナトリウムを加湿器に使用することは安全性に疑問があります。質問者様がおっしゃっている「商品Aは手肌に使用できない」のに口から摂取することはあまり宜しくないと思います。(アルカリ性ですし…)

 

キエルキンは専用の加湿器でないと次亜塩素酸水溶液対応でないので、機械の故障の原因になりかねないため保証することができません。

 

市販の超音波加湿器を使用することを推奨はしていませんが、自己判断により使用されている方はいるそうです。(壊れても自己責任という前提です)

 

■Q4. 花粉対策として、マスクやジャケットなどにスプレーした場合、そのあとそのマスクなどはどれくらいの時間、花粉を分解する効き目があるのでしょうか?

 

A4. 花粉アレル物質に対して分解することができるエビデンスを取っております。

 

一方、キエルキンの特徴は一瞬で作用してお水に戻るためマスクやジャケットに付着している場合、花粉アレル物質にキエルキンが当たれば分解できますが、その効果が持続することはありません。(キエルキン成分が付着していれば分解可能です)

 

そのためスプレーすると1時間は持つというわけではありませんので、ご注意ください。

 

以上、ご質問の回答になります。ご不明点等ございましたら気兼ねなくお申し付けください。

キエルキン 花粉

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

キエルキンとパナソニックの次亜塩素酸水を使ったジアイーノの違いについて【空間除菌】

JUGEMテーマ:除菌・消臭剤『キエルキン』 【追記2018年4月10日】

おんが病院キエルキン

 

介護施設や病院でキエルキンを使用頂いておりますが、先日からパナソニックさんからジアイーノという商品のCMを打ち出されています。おかげさまで「次亜塩素酸」の認知度が上がってきたこともあり、お客様からキエルキンとジアイーノの違いを聞かれるようになりました。

 

そこで、キエルキンとジアイーノはどのように違うのかについてご説明したいと思います。参考になれば幸いです。

 

■キエルキン+超音波加湿器=空間除菌

 

ジアイーノもキエルキンも次亜塩素酸水溶液を用いた方法で空間除菌をすることできると言われています。

 

キエルキンは医師会病院のおんが病院での空間除菌実験で人が出入りする環境にも関わらず、1時間あたり4割の菌を除菌することを共同研究で明らかにし、外科感染症学会でも発表しております

 

遠賀中間医師会病院おんが病院の「新たな取り組み」はこちらからどうぞ!

 

 

●超音波加湿器は、比較的湿度に関係なく噴霧が噴霧することができ300~400cc/hで噴霧することが可能です。

 

加湿器にはいくつか種類があります。キエルキンは超音波式、ジアイーノは気化式を採用しています。気化式は、水を含んだフィルターに風を送り気化させる方式で、加湿に時間がかかり湿度が50%以上だと上がりにくくなります。

 

●キエルキンの有効塩素濃度は200ppmですが、空間噴霧する場合は5080ppmでご使用可能です。

 

●キエルキンは次亜塩素酸の力が一番引き出される弱酸性で使用しています。

 

 

■その他の加湿器について

 

その他の加湿器についてですが、ヒーター式加湿器は高温にするものならば安全であるとも言われていますが、セレウス菌、CD(クリストリジウム・ディフィシルという医療施設で流行る菌で、アルコールを多用する現場で蔓延しやすい)などの芽胞菌、カビなどの真菌類は生存して拡散します。

 

また、高温によるやけどの危険性、電気代が超音波式に比べて数十倍かかるという欠点があります。

 

実は、プラズマ式などの空気清清浄機は、広い空間全体を除菌する力がないことが発表されています。

 

その論文が示す結果によると、非常に狭い範囲でしか効果がなく、たった3畳に程度の空間(14.4㎥)でも効果がなかったと独立行政法人国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター西村 秀一氏は述べております。

 

 

参考:殺菌性能を有する空中浮遊物質の放出を謳う各種電気製品の寒天平板培地上の細菌に対する殺菌能の本体についての解析について

 

 

■空間除菌は物理的に難しい?

 

ジアイーノでの共同研究があるかはわかりませんが、次亜塩素酸を噴霧しているのであるならば除菌できている?と思われるかもしれませんが、実は空間除菌が難しいと考えております。その理由は3つあります。

 

●ジアイーノは気化式です。キエルキンで行っている超音波式とは異なり、外部湿度が高ければ成分を飛ばすこともできません
 

以前に、自社実験した結果では、晴天日にもかかわらず噴霧量が気化式:超音波式=1:8という結果でした。曇りもしくは、雨の日であれば湿度が高まっているので、絶対的な噴霧量が減少します。

●ジアイーノの有効塩素濃度は5-15ppmです。(キエルキンは空間噴霧時は50~80ppm)

 

想像して頂くと分かりやすいですが、居住空間に噴霧すると飛散していきます。その一部の空間にどれだけの濃度があるのでしょうか?5-15ppmの濃度で気化式の場合空間除菌できるか検証する必要があると考えます。また、この濃度で除去できない菌やウイルスは存在します。

 

※参考:水道水の有効塩素濃度は0.1ppmです。

 

●ジアイーノのpHは中性〜弱アルカリ性です。(キエルキンは弱酸性、塩素としての力がより強いpHとなっております。)


結論として、空間除菌するには、比較的高い濃度で、塩素の一番強い弱酸性領域のpHを使用し、噴霧量も多くなければ空間除菌は成り立ちません。キエルキンはこの全ての点で負けていないです!
 

■ジアイーノとキエルキンを空間噴霧する際の違いについて

 

ジアイーノのよいところは塩タブレットを入れて機器内で簡単に電気分解し、次亜塩素酸を作れることです。しかし、マニュアルを見ると注意をしなければいけないことがあります。

 

・数年に1回(数万はかかります)電極の交換が必要なこと

 

※その他の交換または定期購入する必要があるものは塩タブレット、除菌フィルター、防カビユニット、保護エレメントです。

 

・タンク内の清掃が必要なこと

 

※次亜塩素酸が水補給タンク内にはもちろんはいらないため雑菌が発生するためぬめりがでます。他方、キエルキンに関してはタンク内にキエルキンを満たすため、雑菌は一切発生しないのでその必要がありません。

 

・喫煙環境で利用してはいけないこと

 

※次亜塩素酸はラジカル反応をすることで除菌と消臭どちらもするのでキエルキンは喫煙環境こそ使用を推奨しています。

 

■キエルキンのまとめ

 

キエルキンとジアイーノの違いを説明致しましたが、同じ成分を使用していても製法や空間噴霧方法も全く違います。

 

一般の方からすると次亜塩素酸=次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)という認識の人がほとんどだと思います。

 

今回、大手のパナソニックさんがジアイーノという製品を通して、もっと次亜塩素酸がもっと普及してくれればと嬉しく思います。

 

 

キエルキンの空間噴霧試験はハム製造会社大手2社(その内1つはプロ野球の球団をもっているところです)や医師会病院など

たくさんの試験しました。

 

空間噴霧試験ではないですが、大手コンビニチェーンのローソン様にノロウイルスの代替ウイルスのネコカリシウイルスに対する不活化試験をアルコール除菌剤とキエルキンを比較し、30秒以内に不活化したエビデンスもあり、ローソン様のバックヤードにてキエルキンを使用頂いております。

 

医師会病院との共同研究では、「ある程度の次亜塩素酸の濃度がないと空間除菌はできない」という結果でした。

 

もちろん、安全性に関しては200ppmという空間噴霧には使わないですが、高濃度での吸引暴露試験を第三者機関にて行いましたが、毒性なしとの結果も取得しております(ITR Canada study number 75434)。

 

キエルキンと大手企業やその他の次亜塩素酸の除菌剤と違いを理解して頂ければ、なぜ、ニュースにてキエルキンを取り上げるけどその他の商品を取り上げないか、ドラックストアに陳列していないか、医師会病院と共同研究できるかなど腑に落ちるのではないかと思います。

 

キエルキンがテレビに取り上げられた時のメディアの裏側についての記事はこちらからどうぞ!

 

ジアイーノがもっと普及して、「次亜塩素酸」がもっとメジャーになってくれることで空間噴霧が当たり前になっていくと嬉しいです。今後とも宜しくお願いいたします!

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

 

 

キエルキンと置き型二酸化塩素の違いについて空間除菌できるのは?

世の中にたくさん除菌剤ってあると思いますよね。アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど一長一短あって、どれを選べばいいか迷うと思います。

 

アルコール除菌剤は水に濡れた手につけると効果が薄くなったり、小さい子供は香りづけしている匂いに誘発されて誤飲する事故がたくさん起こっています。

 

そこで、今回は除菌剤で使用されている置き型の二酸化塩素についてみていきましょう。

 

■消費者庁より景品表示法措置命令発表

 

2014327日に消費者庁が、二酸化塩素を利用した空間除菌を標ぼうするグッズ販売業者17社に対する景品表示法に基づく措置命令を出しました。

 

参考:消費者庁の置き型二酸化塩素の商品に対する措置命令の記事はこちら!

 

二酸化塩素は、日本では小麦粉漂白剤としての使用を認められていたり、アメリカでも除菌剤として使用されています。

 

二酸化塩素が問題視されてきた発端として、置き型の二酸化塩素による商品の安全性や効果について消費者センターに「刺激臭で咳き込むが体に悪くないか心配」、「除菌剤が薬局等の店頭で「インフルエンザ対策」と記載しているか調査してほしいと相談があり試験が行われたことでした。

 

その結果として、二酸化塩素を有効成分と謳っていてもまったく発生していない商品ややにおいが原因とみられる体調不良者の発生、製造や販売している業者での有効性・安全性確認がなされていない製品が多くみられる実態でした。

 

参考:独立行政法人国民消費センターが発表した記事はこちら!

 

二酸化塩素(CIO2)ガスは次亜塩素酸ナトリウム(ミルトン、ハイター等)の約2.5 倍の酸化作用を有し、芽胞を含むすべての微生物に有効である。しかし、診療所内などの環境消毒に二酸化塩素ガスを使用することは毒性及び効果などの点において勧められない。その理由は本ガスが眼や呼吸器系の粘膜を刺激して、咳嗽や喘息などの原因となる危険性があるからである。

 

引用:日本医事新報方No.4385(2008年5月)

 

■二酸化塩素の安全性と殺菌力について

 

人と動物どちらも発がん性試験のデータがあまりないこと、遺伝毒性試験では、陽性、陰性どちらの結果もあること、マウスの皮膚に過形成反応を誘発したことなど安全性に対して疑問が残ります。

 

さらに、暴露試験では、5ppmの二酸化塩素の濃度で刺激性があり、漂白剤タンク内のガス19ppmの濃度で、1人の作業者(暴露時間は明記されていない)の死を引き起こすのに十分な濃度であったとアメリカで報告されています。

 

参考:TOXNET(米国国立図書館NLMが運営する中毒情報総合サイト)

 

二酸化塩素は菌やウイルスにまとっている電子を奪う酸化剤の作用で(ラジカル反応)分解する除菌の仕組みです。これは、キエルキン(次亜塩素酸)と同様の除菌・消臭の作用と同じです。

 

しかし、先ほどの引用で、二酸化塩素は、次亜塩素酸ナトリウムの2.5倍酸化作用があるとありますが、厚生労働省によると、次亜塩素酸ナトリウムより次亜塩素酸の場合は80倍殺菌作用があると言われています。

 

 

二酸化塩素の特徴として空間中のウイルス、菌、有機物に触れるとどんどん力を失っていきます。それはキエルキンも同じです。

 

この置き型二酸化塩素の原理は、ゲルに含ませておけば置くだけの消臭剤と同じように発生させて、除菌効果を持続させようという考え方だと推測しますが、消臭剤のにおい成分とラジカル物質は全く別物です。

 

ラジカル反応というのは一瞬で起きてしまい、反応するとその成分がなくなります。ゲルに入っている容量も少ないし、ましてや部屋全体に広がるとは考え難いです。

 

 

 

■キエルキンは空間除菌できる理由は?

 

同じような作用を利用するキエルキンはなんで空間を除菌できるのか。それは、超音波式の加湿器を利用して小さな水滴して、次亜塩素酸を遠くに飛ばす方法をとっているからです。

 

それは、もちろん加湿器を使っている間どんどん部屋全体に広がります。

 

どのくらい除菌できているかといえば、環境により多少変わってきますが、研究発表した数値でみると、人が出入りしているHCU(高度治療室) で、1時間当たり40%程度の菌を減菌することができました。

 

HCU(high care unit)集中治療室と一般の入院室の間に位置する治療室です。

2013年に福岡県の医師会おんが病院との共同実験

 

この共同研究は、おんが病院の末廣剛敏副院長によって第26回日本外科感染症学会にて発表されました。

 

さらに、翌年2014年3月には、噴霧したキエルキンと空気を、一定容量の筒内を約10秒通過させる事で、菌がおよそ90%減菌させることを共同研究にて分かりました。

 

感染症専門の医者が言うには、医療業界では、そもそも空間自体の菌を減らすことはできないということが当たり前でした。従って、置き型のである状態で空間の除菌をできることは難しいことは分かっていました。

 

だからこそ、キエルキンの共同研究の結果について学会発表で驚きを持って知って頂きました。

 

以上、キエルキンと置き型二酸化塩素の違いについてご紹介しました。

 

 

キエルキンが気になる!もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンのことがもっと知りたい人はこちらからどうぞ!

アルコール除菌剤の誤飲事故多発の理由とその予防策にはキエルキン!

JUGEMテーマ:除菌・消臭剤『キエルキン』

 

アメリカのニュースによると一番メジャーであるアルコールを使用した除菌剤による子供たちの誤飲の事故が多くなっているそうです。除菌剤の誤飲に関する事項を関連記事や日本での事例をご紹介してそのような事件が少なくなることを願います。

 

子供が手の除菌剤を誤飲して急性アルコール中毒になる事故多発

 

CNNニュース、Morbidity and mortality weekly reportによると、アトランタ州でアルコールを含む手指消毒剤を子どもが誤飲してしまい、急性アルコール中毒になる事故が米国で急増しています。

アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン1

米ジョージア州の中毒対策センターが言うには、12歳未満の子どもの手指消毒剤誤飲について全米から寄せられた相談件数は2010年の3266件から、2014年には約5倍の16117件に急増しました。2011年〜2014年までの累計件数は65293件となっています。

 

子どもが消毒剤に接する機会が増える機会が多くなり、病院に救急搬送される子どもも増えています。アメリカでも多くなっているということはその他の国や日本でも事故が起きていると考えるのが妥当ですね。

アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン3アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン4

日本の事例で1歳の子供がアルコール除菌の消毒液誤飲

日本で2児のお母さんの誤飲の例をご紹介いたします。ある日、長兄が幼稚園からインフルエンザをもらってきてのため家族への感染させないために細目に消毒したりさせたりしていました。

 

不注意にも1歳の次男の届くところへ消毒液を置いていまい、食器をキッチンへ置きに行き部屋へ戻ると次男が消毒液を手に持ち、べーべーと出していて、次男がプッシュして液が出たのだと分かりあわてて口の中を拭きました。

 

お茶やミルクをたくさん飲ませて吐かせようと指を入れましたが、オエっというだけで吐いてくれませんでした。幸いにも次男には問題はありませんでしたが、肝が冷える体験だったそうです。

 

消毒液中身はベンザルコニウム塩化物、添加物、エタノール、グリセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、乳酸Naなど

消毒用アルコールというのはエタノールですが、市販のものは45%〜80%程度の濃度になっているそうです。

※アルコール除菌にはエタノールとイソプロピルアルコールも含まれていることが多く、イソプロピルアルコールは第二級アルコールの一種で医療機関等で消毒用としてよく使われます。病院にいったらおなじみのにおいはエタノールよりここちらのにおいだそうです。

 

このような濃度のアルコールの飲み物なんか大人でも少量でノックダウンしてしまいます。ましてや、乳幼児の場合だとアルコール分解能力も低いので非常に危険です。また、塩化ベンザルコニウムのヒト推定致死量(経口)は30〜400mg/kgといわれており、消毒薬の中にはよく含まれている物質です。

 

その他の誤飲の例ですが、10%液150mLを誤飲し、50時間後に死亡したケースがあるそうです。このような高濃度で私たちが触れ合う機会はあまりないですが、知っておくに越したことはないと思います。

アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン5

子供たちがアルコール消毒剤を誤飲する一番の理由は?

では、なんで子供たちは誤飲してしまうのでしょうか?実は、誤飲する事故はほとんど0〜5歳児の子供であり、非意図的に起こっていることが分かっております。その原因は消毒剤のほのかに香るにおいにつられて誤飲してしまうそうです。

 

アメリカのケースでは、誤飲した子供に聞くとイチゴの香りでおいしそうだったとコメントしていたり、日本のケースではラベンダーの香りだったそうです。大人でもいい匂いと感じるのであれば子供たちも同様ですよね。

 

まだ判断できない赤ちゃんであれば、すぐに口にいれる可能性があるのは当然です。

アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン6

誤飲した場合とその対処法

ろれつが回らなくなったり歩けなくなるなどの症状が出たり、腹痛や嘔吐、昏睡状態になるケースがあります。

 

また、急性アルコール中毒子どもの場合は呼吸が停止することもあるらしいです。もし、誤飲してしまった場合水か牛乳、あるいは母乳かミルクを飲ませて胃の中のアルコールを薄めます。

 

そして赤ちゃんはアルコール処理能力が無いので、少ししか飲んでいないときでも経過観察をして、呼吸困難やふらつき、発熱・嘔吐などの症状が出てきたときなどは、急性アルコール中毒の可能性がありますので、すぐに医療機関に相談してください。

アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン7アルコール除菌剤の誤飲対策キエルキン8

 

アルコール除菌剤の誤飲対策としてお母さんがすべきこと

専門家は手指消毒剤を子どもの届かない場所に置くことや、アルコール不使用の製品または消毒用ティッシュを使うことを勧めているそうです。どうしても除菌って今の時代必需品になってきています。

 

だから、大人にも子供にも安全に使用できて効果が高いもの「キエルキン」をおすすめします。

誤飲してもお水に戻るキエルキン

次亜塩素酸水溶液を使用している除菌・消臭剤のキエルキンであれば、作用した後、お水に戻りますし、誤飲したとしてもお水に戻るだけなので、子供たちの周りに置いていても問題ありません

 

安全にかつ効果的に除菌や消臭できるのが一番です。いらない心配をしないため、しかも気軽にできるお母さんの強い武器になると思います。感染症が蔓延しやすい幼稚園や保育園ではどうしても必要な除菌剤や消臭剤。

 

キエルキンが全国的に多く使用していただいているのは子供たちに安心して使用できるこれに尽きるそうです。

 

幼保園の先生方からお電話頂き、「キエルキンを少し飲んでしまったので困っています!どうすればいいですか?」と緊急のお問い合わせを頂いたことがあります。キエルキンとしては、「特に問題がないので、子供の経過観察してください。」と回答致しました。

 

乳幼児には大人に予想ができない行動をとるので、子供たちのリスクを最小限に下げる対策が大人に必要なことではないでしょうか?

 

いかがでしたでしょうか?子供のためと思って買ったものがわが子に牙をむけてしまいかねないです。わが子は大丈夫と思っている油断から重大な事故にならないようにお母さん方にはしっかりと知っておいてもらいたいです。 

 

より詳しくキエルキンについて知りたい方や、安全性試験の結果については下記からご覧ください!

 

キエルキンの効果その2『安心・安全』を裏付けるエビデンスを紹介!の記事はこちらから!

 

除菌と消臭ができる次亜塩素酸水溶液『キエルキン』についての記事はこちらから!

【比較】キエルキンとその他の次亜塩素酸水との違いについて

JUGEMテーマ:除菌・消臭剤『キエルキン』 【追記2017年6月23日】【追記2017年10月30日】

キエルキンとほかの次亜塩素酸は何が違うのでしょうか? 次亜塩素酸の製法はいくつかありますが、製造方法や管理により次亜塩素酸を購入して届いていた時にはお水になっていることは多々あるそうです。

 

全国版のニュース番組「モーニングバード」に取り上げられた時に、全国にある次亜塩素酸水と謳う商品17種類を調べ次亜塩素酸水溶液の濃度が測れる試薬を使い調査をしたところ2種類のみしか濃度がなかったと教えてもらいました。

 

その1種類はもちろん「キエルキン」です。

 

次亜塩素酸水溶液はどのように製造できるか、キエルキンと何が違うのかなど比較しながらご紹介したいと思います。

 

 

 

■.エルキンはイオン交換樹脂を通した純水から生成している

 

水道水や地下水を利用すると様々な金属イオン(Ca,Mg,etc)等を含んでいるため、イオン交換樹脂、糸巻きフィルター、活性炭で不純物や重金属イオンなどを取り除いた100%純水でキエルキンを製造しています。

 

純粋ではないと次亜塩素酸の特徴としてお水に含まれている金属イオンにも攻撃してしまい、本来の目的の除菌・消臭に効果が発揮しなくなります。放置しておくとお水に近づいていくのが早いです。

 

次亜塩素酸水溶液の高濃度を謳う商品で、水道水に薄めて使用することを指南している場合がありますが、その使用方法はオススメできません。(有効塩素濃度の低下が早くなります。)

 

 

■電解式とは異なり、金属イオンの溶出がなく子どもたちにも安心して使えること

次亜塩素酸を作るために、容器の中に電極を挿し、塩を入れて生成する電解式、という方法がありますが、この方法は水に電極の材質によっては金属イオンが流入し純度が下がります。

 

もちろん、重金属で溶けにくい仕様になっていますが、イオン化またはナノ粒子化している可能性があります。

 

つまり、電解式の次亜塩素酸には重金属がイオン化またはナノ粒子化して混在している可能性があるといえます

 

もちろん、混在している時には、その金属イオンにも次亜塩素酸の力を使ってしまうので、濃度の低下が早くなりますし、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムにも攻撃をしてしまいます。

 

キエルキンは「赤ちゃんにも使える」と銘打って販売をしているため、そのようなものの流入を避けることは重要です。

 

食品添加物グレードの2 種を混ぜて作る「混合式」を採用して製造していますが、純水に食品添加物グレードの低食塩次亜塩素酸ナトリウムと食品添加物グレードの塩酸を、ラジカルラボで設計した機械で特殊混合して作っています。低食塩グレードを使用することで臭素酸の発生を可能性をさらに少なくすることができます。

 

キエルキンの製造機器ですが、マグロの加工場で食品洗浄やゴミ処理場などで消臭・除菌のために使用されています。

 

こうして作られたキエルキンには、「次亜塩素酸」もしくは「次亜塩素酸イオン」しか入っておりません。

 

体は食から作られるのと同じで、お母さんが自分の子どもの口にするものをこだわるように、キエルキンも子どもや赤ちゃんへの使用を想定して、安全と安心を提供するように追求しております。

 

■キエルキンはすべてラジカルラボにて生産を行っていること

 

混合方式などを工夫し、塩素ガスがほとんど発生しない独自製法をラジカルラボが開発しました。

 

誰でも混合すればすぐ作れるわけではありませんし、ご自身で次亜塩素酸ソーダと塩酸を混合して使用することは危険なのでやめてください。

 

配分を間違えるとアルカリ性となれば、皮膚を犯しますし、酸性になると塩素ガスが発生してしまい非常に危険です。

 

また、濃度の配分だけでなくそこに独自のノウハウを入れ込むことで、製造時に除菌力を逃がさず、キエルキンに力を封じ込めています。

 

 アルカリ性でも酸性でもない人間の肌とお同じ弱酸性なので肌荒れすることがありません。ローソン様でも手荒れしないことやノロウイルスの代替ウイルスの試験結果が弱酸性アルコールに比べて差(ウイルス除去スピードがより早い)を認めて頂き本部採用頂きました。

ローソンキエルキン

 

■ぅエルキンの製造は注文を受けてから製造する受注生産

 

キエルキンは生ものと同じで、長持ちしません。それは「無添加の食品」と似ています。

 

製造コストもかかりますし、大量生産にも向いていません。

 

しかし、良く分からない保存料や化学物質が入っている、大量生産された安価な食品を安心してこどもに与えることができるでしょうか?だからこそ、キエルキンはこだわって、お客様からの注文をもらってはじめて製造を開始します。

 

常に新鮮で強力な除菌力をお届けする、ラジカルラボ独自の仕組みです。その理由から、ドラックストアには陳列をお断りしました。

 

お客様の要望がありドラックストアに陳列し、有難いことにすぐに売り切れしてしまいその1シーズンに何度も提供させて頂きました。

 

しかし、お客様にどうやったら最高の品質のものを提供できるかを考えると受注生産にて届けることが一番喜んでもらえると考えました。

 

次亜塩素酸水溶液には消費期限が決めれらていてそれを過ぎると効果がだんだんなくなっていき最終的にはお水に戻ってしまうのです。

 

命は短いけどその分強力な効果というわけですね! 今までにお水にもどる除菌剤がありましたか?それが追い求めた究極の安全性なのです。

 

■ゼ^ ̄素酸を比較する時に気を付けること

 最近、次亜塩素酸をしようしている除菌・消臭剤がドラックストアやインターネットショッピングで見かけるようになりました。

 

 

そこで、次亜塩素酸水に限らず、除菌剤を選ぶときに確認したほうがいいことをお伝えいたします。

 

1第三者機関でのエビデンスを取得しているか

2どれくらいの濃度でどれくらいの時間をかけて不活性化しているか

3消費期限を書いてあるか

4芽胞菌(菌類最強)に効果があるか

5どのような物質が入っているか

 

最低でも1、2、3を確認してみてください。

 

お客様からもお問い合わせを頂き、なんども除菌剤で失敗してキエルキンに辿りついたお客様がもう失敗したくないので、かなりマニアックな質問ももらい、その回答も致しました。使っていたものがお水に戻っていたら対策の意味が全くありません。

 

次亜塩素酸が効果があるらしいから販売している業者もいて質の担保がされていないことは次亜塩素酸業界にはマイナスでしかありません。幸いにも大手のパナソニックさんが次亜塩素酸を使った空気清浄機の「ジアイーノ」を投入され認知が広がっていると思います。

 

また、次亜塩素酸水溶液に似ている物質で次亜塩素酸ナトリウムを薄めたものも売っていますので、内容成分をよく確認して確かなものを選ぶように気をつけてください!

 

キエルキンが気になった方

 

もしくはキエルキンの購入したい方はこちら!

 

ヤフーショッピングでキエルキンご購入希望の方はこちら!

 

楽天でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

 

キエルキンショップ静岡でキエルキンをご購入希望の方はこちら!

1
pagetop